お金はいかに増やしていくことが出来るか。

外貨といえば米ドルがよく知られています。

お金はいかに増やしていくことが出来るか。

お金を外貨で運用するときの預金とMMF

外貨といえば米ドルがよく知られています。世界でも知られていて基準通貨とされています。世界で最も取引されている通貨で、各通貨も米ドルに対してどのように動くかがポイントにされることがあります。現在はアメリカも低金利政策を行なっているため米ドルの預金にお金を預けてもそれほど利回りはよくありません。でもその他の通貨がありそれらなら高い金利が得られる場合があります。

外貨で運用するときに外貨預金と外貨MMFがあるとされています。外貨預金は銀行で利用でき、外貨MMFは証券会社で利用します。外貨MMFは公社債投信の一つで基準価格自体が目減りすることが少ないとされています。どちらも為替の動きに連動しますから、それによって資産が増えたり減ったりします。どちらが得になるかは必ずしもいえません。

普通預金とMMFを比べるとMMFの方が利回りは良さそうです。でも常に良いわけではありません。定期預金になると外貨預金の方がよくなる場合があります。利便性のよさでは外貨MMFは換金性が高いとされています。1箇月の所有はありますが、それ以降はいつでも解約することができます。かつては外貨MMFは為替差益の課税がされませんでしたが、されるようになるためメリットが軽減するようです。

ALE