お金はいかに増やしていくことが出来るか。

お金を得る方法の最も多いケースが働いて得ることです。

お金はいかに増やしていくことが出来るか。

年齢によってお金の貯蓄額は変わるか

お金を得る方法の最も多いケースが働いて得ることです。長く働いている人ほど多く得ることが出来ます。それがわかるのが年齢別での貯蓄額です。ある年の統計データでは20歳代の場合は平均的には貯蓄額は300万程度のようです。それが50歳代になると1500万ぐらいにアップします。70歳代以降だと2千万もあるようです。それが十分かどうかはわかりません。

20歳代の場合は現役世代なので少ないとしても日々の仕事から得ることが出来ます。つまりはこれからどんどん増やすことができる年代といえるでしょう。一方70歳代は必ずしも働いている人ばかりではなく年金生活の人がいます。年金ももらうことが出来ますがそれだけでやりくりをするのは難しいはずです。貯蓄額はどんどん減っていくことになります。

高齢の人の貯蓄が多い理由として働く期間が長い以外には相続などで受けられることがあるかもしれません。若い人は自分で貯めるしかありませんが、高齢になってくれば親から受ける部分があります。それを引き継ぐことによって一定のお金が得られる事もあります。少子高齢化の影響でうまく引き継がれていないところもありますが、税金制度の変更などで子供世代に引き継がれやすくなっています。